堺市の歯科(歯医者)の筒井歯科医院/筒井歯科 インプラント矯正歯科顎関節症などの治療に対応。

筒井歯科医院 筒井歯科
症状、経過を出来るだけ簡潔に書いてFAXあるいはE-mailでご連絡下さい。お電話でも診療予約を受け付けています。
筒井歯科(大阪市中央区)
フェスティバルタワー筒井歯科(大阪市)
大阪北浜インプラントセンター
宇川歯科(宝塚市)
モバイルサイト
QRコード 携帯電話で左のQRコードを読み取りアクセスして下さい。
活動報告
筒井歯科医院のお知らせメール配信
歯科医師募集
筒井歯科 写真館
TSUTSUI-DENTAL-OFFICE
スタッフブログ
スタッフブログ
スタッフブログ

エクセレントブレス

筒井歯科医院 筒井歯科 インプラント治療
インプラント治療とは インプラント担当医 当院のインプラント治療
治療の流れ 入れ歯・ブリッジとの比較
インプラント治療費 インプラントの症例    
筒井歯科グループとしての機能を活かし、大阪北浜インプラントセンターと同じ、専門医院の質の高い治療を提供できる体制を整えています。

インプラント治療とは

歯が抜けてしまった方、入れ歯・ブリッジに不満を感じている方は、インプラントを検討されてはいかがでしょうか。インプラントは自然の歯のような噛み心地が得られる新しい治療方法。
歯の土台となっているあごの骨にインプラントを埋め込み、それに人工歯を装着することで自然歯と変わらない機能を取り戻すことができます。

●インプラントの長所

・自分の歯のような噛み心地と見た目を回復できる。
・長期間、安定した噛み合わせを保つことができる。
・失った歯が多くても、噛む能力を回復できる。
・顎の骨が衰えるのを防ぐことができ、若い印象を保てる。

●このような方は当院でインプラント治療を

・義歯を使っても十分噛めない方
・義歯が嫌で使っておられない方
・インプラント治療を受けようとして埋入する骨が薄くて無理だと診断された方
・骨があっても骨質の問題から無理だと診断された方
・手術が怖いからとインプラント治療を避けている方
ページ先頭に戻る

インプラント担当医

インプラントの先進国・アメリカで治療・研究を行ってきた筒井隆史をはじめとする医師が責任をもって担当いたします。筒井歯科・筒井歯科医院のインプラント治療は、ニューヨーク大学歯学部インプラント科で専門の教育を受け、大学での治療・研究にたずさわってきた筒井歯科グループの大阪北浜インプラントセンター・筒井隆史をはじめとする医師が担当いたします。

■担当医
筒井 隆史 筒井 豊  
筒井 隆史 筒井 豊  

 
 

●大阪北浜インプラントセンター院長・筒井隆史

 

大阪北浜インプラントセンター院長・筒井隆史私はニューヨーク大学歯学部インプラント学科で、インプラント治療の世界的権威であるデニス・ターナー教授(当時)に学び、彼のもとでインプラントの治療・研究にたずさわってまいりました。
アメリカと日本を比較した場合、日本ではインプラント治療を専門に教える大学が少なく、多くの医師は大学卒業後に研修を受けてインプラント治療を行うという状態です。
また医院によっては最新の技術に対応していない、機器・設備が整っていないなど、インプラント治療の体制がアメリカほど確立されていないように思われます。
大阪北浜インプラントセンターは、日本にいながらアメリカと同レベルの治療を実現する医院であり、同時に筒井歯科グループのインプラント治療の拠点として、地域に密着したグループ各医院でも大阪北浜インプラントセンターと同じ治療を提供するための治療体制を構築しています。
インプラント治療はもちろん、疑問や質問があれば、お気軽にお問い合わせください。

大阪北浜インプラントセンター>>

●経歴

  • 2003年〜2005年 ニューヨーク大学歯学部インプラント科在学
  • 2005年〜2006年 ニューヨーク大学歯学部インプラント科アシスタントフェロー
  • 2006年       ハーバード大学インプラントコース修了
  • 同年         ペンシルベニア大学マイクロサージェリーコース修了
  • 2007年1月     TSUTSUI Dental Group 北浜インプラントセンター開業

●学術発表

  • 2005年       Academy of Osseo integration Annual Meeting(オーランド)
  •             11th Annual Northeast Postgraduate Implant Symposium(ペンシルベニア大学)
  •             Harvard ITI Implant Course(ハーバード大学)
  • 2006年       Academy of Osseo integration Annual Meeting(シアトル)
  • 2011年       Academy of Osseointegration(ワシントンD.C)
  •             "Various Clinical Applications of Narrow Bodied Implants・Case Series"
ページ先頭に戻る

当院のインプラント治療

インプラント専門医院の質の高い治療を三原台・高倉台で。お近くの医院で安心してインプラント治療をお受けいただけます。筒井歯科グループのインプラント治療の基幹医院である「大阪北浜インプラントセンター」との連携により、インプラント専門医院と同様の治療内容、技術、サービスを提供いたします。

●たった1日で噛めるようになる即時荷重インプラント

たった1日、1回の手術で仮歯を装着し、その日のうちに噛めるようになります。
日本では2回手術法など治療期間が長くなる治療法が主流ですが、当院なら治療期間を大幅に短縮できます。


詳しくは大阪北浜インプラントセンターのサイトへ

 

●4本のインプラントですべての歯を支えるオール・オン・4

 

4本のインプラントですべての歯を支えるオール・オン・4
インプラントを1本1本埋入していては、費用も時間もかかりすぎるという、総義歯の方に最適な最新治療方法です。
4本のインプラントで支えるからといって耐久性は変わりません。
※状況によっては4本以上のインプラントが必要になる場合があります。


詳しくは大阪北浜インプラントセンターのサイトへ

●眠っている間に手術が終わる点滴麻酔・静脈内鎮静法

インプラント治療に対して恐怖心をお持ちの方に最適な点滴による麻酔法です。意識がはっきり残る局所麻酔と違って、眠ったようなリラックス状態となり、気がついた時には手術が終わっていたと感じる方が多いようです。

※静脈内鎮静法による手術に伴う全身管理は、歯科麻酔医(日本歯科麻酔学会認定医)が担当。手術中は、最新の生体情報モニターを駆使し、脈拍・血圧・心電図・呼吸等の全身状態を厳重に監視しながら鎮静管理を行います。

担当歯科麻酔医(日本歯科麻酔学会認定医)
  鬼頭 正直
  橋本 佳代子

 

●他の医院で無理だと診断された方にも治療を 骨再生治療

 

他の歯科医院で、"骨がないのでインプラント手術は不可能です"と言われたことはありませんか?
インプラント手術は、あごの骨にインプラントを植え込み固定させますので、土台となる骨が少ない場合、そのままでは手術を行うことができません。
このような場合の対処法として、当院では再生治療(骨を造る)により難しい症例にも対応しています。

骨再生(GBR)法

あごの骨の高さや幅が少ないと、そのままではインプラント治療はできません。 GBR法は主にそういったケースでもインプラントの植立が可能になるように骨を再生(造る)させる方法です。
この方法は、手術により遮断膜を歯肉の下に入れ骨の再生するスペースを作ってやります。このスペースがないと歯肉の再生のスピードが速いため、歯肉が入り込み、骨の再生ができません。
そして、このスペースに骨補填材を填入し、骨を再生(造る)します。
この方法により、今まで困難だった骨量が少ないところにもインプラント治療が、可能になりました。
GBR法 GBR法 GBR法 GBR法

サイナスリフト(上顎洞の底部に骨を造る)法

骨再生(GBR)法の中でも、上顎の奥歯の部位(歯槽骨部)にインプラント治療を行なう場合、この部位に骨が非常に少ない事が多くあります(特に歯周炎にかかった方に多くみられます)。この薄くなった部位の鼻の方の上顎洞(副鼻腔)の底部にインプラントが植立できるように骨を造る方法をサイナスリフト法と呼んでいます。

この治療法は特殊で対応できる医院が少ないですが、当院(筒井歯科)ではこの治療を積極的に行なっています。他の医院でインプラント治療を断られた患者様もお気軽に当院にご相談ください。数々の実績を持つ当院で、不可能だった治療を可能にします。


鼻(固有鼻腔)の両側の顔の中央部に、上顎洞(副鼻腔)と呼ばれる大きな空洞が存在します。この空洞は様々な要因がきっかけとなり、大きくなる傾向を持っています。さらに、歯がなくなると歯槽骨も吸収しますので、上顎では歯槽骨側と上顎洞側から骨吸収が進行することも少なくありません。そこで、 上顎洞に移植骨や骨補填材などを填入して、上顎洞の底部に骨を造る技術をサイナスリフト法と言います 。
サイナスリフト法の流れ   サイナスリフト法の流れ

歯がなくなると、歯槽骨の吸収が進行します。上顎の場合は、図のように上顎洞の存在によりもともと骨の少ない方が多く、歯槽骨はさらに薄くなります。

  歯槽骨の骨量が少なくなると、図のように必要なインプラントが埋入できなくなリます。
サイナスリフト法の流れ   サイナスリフト法の流れ

歯槽骨の薄い部分の上顎洞底部に移植骨や骨補填材を填入します。このとき、インプラントを同時に埋入する場合と、骨の造成が完了してから行う場合とがあります。骨があまリにも薄く、インプラントの固定ができない場合は、後者の方法を選択します。

  インプラントが骨と付いたら、人工の歯(上部構造)を製作し装着します。

●手術の安全性と精度を高める高性能機器

立体画像で神経や血管なども撮影できるCTスキャン。手術の方法、治療後の状態などをシミュレーションができるコンピューターガイドシステムなど、最先端の機器を導入し、安全で精度の高い手術を実現しています。


詳しくは大阪北浜インプラントセンターのサイトへ

 

●手術後の気になることは24時間対応の緊急コールナンバーへ

 

インプラントは安全性の高い治療方法ですが、短時間のこととはいえ手術をともなうため、夜になって痛み・腫れがでてくる可能性があります。そのような状況に備えて、当院では、いつでもドクターと連絡がとれる専用携帯電話の番号をお知らせしています。


詳しくは大阪北浜インプラントセンターのサイトへ

ページ先頭に戻る


治療の流れ

手術時間はインプラント1本につき15分程度。虫歯を治療するのと同じ感覚で、安心してお任せください。

1.無料相談
治療方針、治療費の目安を聞くため、担当医師・医院の雰囲気を確かめるためなど、電話で予約の上、来院してご確認ください。メールや電話でのお問い合わせ・相談でもかまいません。
あなたに適した治療方針や治療費を提案するためには、CTスキャン等の検査費用が必要となります。

2.問診表の記入【初診時】
これまでかかった病気やアレルギーについて、また現在気になっていることや治療に対するご希望など、いくつかの質問にお答えください。

3.検査
歯と口腔内の状態を調べます。
精度の高い情報を得るためにCTスキャン(立体画像)などで検査いたします。また静脈内鎮静法(点滴麻酔)による手術を受けられる方には、血液検査を受けていただく必要があります。

4.診査・診断
最新鋭の機器と多くの症例経験により、正確な診査・診断を行います。

5.インフォームドコンセント
あなたにとっての最善の治療方法や費用などについて、明確にわかりやすくお伝えいたします。
また、治療内容によっては、治療計画書を作成してお渡しします。

6.インプラント治療の準備
歯周病などの治療が必要な場合には、その病気の治療を先に行います。
また仮歯の準備、上部構造(人工歯)の設計、手術のための型(サージカルテンプレート)の作製などを行います。

7.インプラント治療(手術)
抜歯・埋め込み・仮歯装着を1回ですませる即時荷重インプラントが可能です。手術の所要時間はインプラントの本数、内容により異なりますが、インプラント1本に要する時間は約15分。通常は2時間ほどで終了いたします。

8.手術後
抗生物質のお薬を約1週間、痛みが出る場合には痛み止めをお飲みいただきます。手術後約1週間で抜糸。その後はインプラントや骨の安定を待ち、約3ヶ月〜半年後に最終的な上部構造を装着します。手術後はインプラントと骨の結合を確認するため、数回通院していただきます。

ページ先頭に戻る

入れ歯・ブリッジとの比較

治療費の安さを求めるのなら入れ歯やブリッジを。機能性・審美性などを求めるのならインプラントをおすすめします。インプラント治療により得られるメリットは、入れ歯やブリッジよりも遥かに大きいのですが、インプラント治療は健康保険がきかないため、治療費が割高になるという問題があります。
あなたにとって、インプラントは費用に見合うだけのメリットがあるのか、下表を参考にご検討ください。
  インプラント ブリッジ 入れ歯
安定性 ・安定性がある
・半永久的に使用可能
安定性はあるが限界がある(7〜8年) 調整や作り変えの必要がある
違和感 違和感なし ほぼ違和感なし × 違和感・異物感あり
咬合力 天然歯と同様に咬める ほぼ天然歯と同様に咬めるが、過度な負担は加えられない × ・咬む力は劣る
・過度の負担を加えると隣接する歯への負担が大きく痛みを伴う
審美性 優れている 優れている × 劣る
歯への影響 全く無い × 隣接する健康な歯を削る必要がある × 歯を削る事はないが、バネをかけている歯などへの負担が大きい
治療本数 多くても可能 × 欠損数が多いと不可能 多くても可能
手術 × 外科手術が必要 必要なし 必要なし
治療期間 × 2ヶ月〜1年期間必要 比較的短時間 比較的短時間
経済性 × 保険適用外 保険適用可能
欠損数によっては不可
保険適用可能
ページ先頭に戻る

インプラント治療費

インプラントは保険がききません。
当院ではインフォームドコンセントの際、治療費に関してもその内訳と金額を明確にお伝えいたします。十分にご納得いただいてから治療を開始いたします。

費用詳細

  処置項目 内容 費用

検査 CT、その他レントゲン撮影、診断料 \18,000



静脈内鎮静法

ご希望される方には行います。

詳しくはこちら>>

\70,000
インプラント埋入 歯のない部分にインプラントを埋入します。 \210,000/本〜
GBR法

必要に応じて処置します。

詳しくはこちら>>

\60,000〜\120,000
サイナスリフト法

必要に応じて処置します。

詳しくはこちら>>

\120,000/本

上部構造 インプラントにかぶせるセラミックのかぶせ物です。 \170,000/歯〜
メンテナンス 術後より、衛生士が定期的にメンテナンスを行いますので、その際に必要となります。 \500+(\300×インプラント本数)
補償について
補償期間は最長5年間。 ※内容により補償期間が異なります。

症例別料金

歯が1本ない場合

歯のない部分にインプラントを1本埋入してかぶせ物をします。

インプラント 1本・・・\210,000
かぶせ物(セラミック) 1歯・・・\170,000
  合計\380,000(税込)
 

歯が2本ない場合

歯のない部分にインプラントを2本埋入してかぶせ物をします。

インプラント 2本・・・\420,000(1本\210,000×2)
かぶせ物(セラミック) 2歯・・・\340,000(1歯\170,000×2)
  合計\760,000(税込)
 

歯が3本ない場合

歯の無い部分にインプラントを2本埋入してブリッジのかぶせ物をします。

インプラント 2本・・・\420,000(1本\210,000×2)
かぶせ物(セラミック) 3歯・・・\510,000(1歯\170,000×3)
  合計\ 930,000(税込)
 

歯が4本ない場合

歯のない部分にインプラントを3本埋入してブリッジのかぶせ物をします。

インプラント 3本・・・\630,000(1本\210,000×3)
かぶせ物(セラミック) 4歯・・・\680,000(1歯\170,000×4)
  合計\ 1,310,000(税込)
 

サイナスリフト法を用いて1本埋入した場合

サイナスリフト(造骨)をしてインプラントを埋入してかぶせ物をします。

サイナスリフト 1本・・・\120,000
インプラント 1本・・・\210,000
かぶせ物(セラミック) 1歯・・・\170,000

サイナスリフト法について詳しくはこちら>>

 

GBR法を用いて1本埋入した場合

GBR(造骨)を用いてインプラントを埋入し、かぶせ物をします。

GBR ・・・\60,000〜\120,000
(骨造成の量によって異なります)
インプラント 1本・・・\210,000
かぶせ物(セラミック) 1歯・・・\170,000

GBR法について詳しくはこちら>>

ページ先頭に戻る

インプラント治療費

ページ先頭に戻る
HOME医院紹介インプラント治療矯正治療顎関節症口臭治療在宅診療口腔心身症お問い合わせ
筒井歯科医院 大阪府堺市南区三原台3-5-5 TEL:072-293-8701 FAX:072-293-8701
筒井歯科 大阪府堺市南区高倉台3-8-8 TEL:072-291-7870 FAX:072-284-8232
Copyrights (c) 2007 Tsutsui Dental Clinic All Rights Reserved.